ギックリ腰対策と整体の役割:あなたの健康を守る

query_builder 2024/05/18 整体
この記事では、ギックリ腰と整体の役割について詳しく解説します。ギックリ腰の原因から、整体がどのように効果を発揮するのか、そして自己管理方法まで詳しく探ります。

出張整体 ConnecT

ロゴ

忙しくて整体の時間が取れない方に便利な出張施術を高崎市を中心に提供しています。身体全体を見て不調を起こす原因を突き止め、不調が起こらないよう調整します。姿勢の悪化や疲労感でお悩みの方も歓迎します。

出張整体 ConnecT
住所:

群馬県高崎市

電話番号:
080-5682-0761

ギックリ腰とは

まずはギックリ腰の背景について知っておきましょう。それは突然の激痛と共に腰が動かなくなる状態を指します。

ギックリ腰の原因

ギックリ腰の原因は、腰の筋肉や靭帯が強い力にさらされ、急激に引きつることによって起こります。日常生活での不注意や姿勢の乱れ、過度な負荷や急な動作などが原因となることが多いです。

例えば、重い物を持ち上げる際に腰を過度に曲げたり、突然の激しい運動を行ったりすることで、腰に負担がかかります。また、長時間の同じ姿勢で過ごすことや腰を使う仕事に従事している場合も、ギックリ腰のリスクが高まります。

さらに、筋力の低下や柔軟性の欠如もギックリ腰の原因となります。筋肉が弱くなると、腰部の負荷を適切に支えることができず、急激な負荷に対して耐えられなくなるためです。また、柔軟性が低下していると、身体の動きが制限され、腰に不自然な負担がかかることもあります。

さらに、遺伝的な要素も関与していることがあります。家族にギックリ腰の症状を持つ人がいる場合、自身も同様の問題を抱えやすい可能性があります。

ギックリ腰の原因は個人によって異なる場合もありますが、予防や管理においては、腰への負荷を適切に制御することが重要です。整体などの関連技術を活用することで、腰の筋肉や靭帯のバランスを整え、ギックリ腰のリスクを軽減することができます。適切な予防策や自己管理を行うことで、健康な腰を保つことができます。

ギックリ腰の症状

ギックリ腰は、強い腰痛を伴い、急に身をかがめたときや重いものを持ち上げたときに起こります。具体的な症状としては以下のようなものがあります。

まず、激しい痛みが特徴的な症状です。腰部や腰骨周辺に鋭い痛みが走り、動作や姿勢の変化によって痛みが増すことがあります。痛みの程度は人によって異なりますが、中には痛みで身動きが取れなくなるほどの重症なケースもあります。

また、腰の可動域の制限もギックリ腰の症状の一つです。腰を前や後ろに曲げる、左右にひねるといった動作が困難になります。身体を起こすことや座ること、歩くことなども苦痛を伴う場合があります。一般的には、腰部周辺の筋肉の緊張や痛みによって可動域が制限されるため、身体を自由に動かすことが難しくなります。

さらに、しびれや麻痺といった感覚の変化も起こることがあります。腰の神経が圧迫されることで、足やお尻、太ももなどにしびれや麻痺感が生じることがあります。これは神経の働きが一時的に低下するためであり、ギックリ腰の症状として注意が必要です。

ギックリ腰の症状は個人によって異なる場合もありますが、これらの症状が現れた場合は、早めに専門医の診断や適切な対処が必要です。整体などの施術を受けることで痛みの軽減や可動域の改善が期待できます。また、自宅での適切なケアや予防策の実施も重要です。ギックリ腰の症状に敏感に気づき、適切な対処をすることで、回復を促すことができます。

整体とは

整体は、人間の体のバランスを整えることを目指す治療法の一つです。

整体の目的

整体の目的は、骨格と筋肉のバランスを整え、人間の自然治癒力を高めることです。具体的には以下のような目的を持って施術が行われます。

まず、身体のバランスを整えることが整体の一つの目的です。日常生活や仕事の中で、身体の使い方や姿勢の乱れが生じることがあります。これによって筋肉や関節に負担がかかり、不快な症状や疲労が生じることがあります。整体では、身体の歪みやバランスの乱れを調整し、正しい姿勢や動作をサポートします。これによって筋肉や関節の負担を軽減し、身体の正常な動きを促進します。

また、整体は自然治癒力を高めることを目指しています。人間の身体は本来、傷ついた部分を自ら修復する力を持っています。しかし、日常生活のストレスや身体の状態の不調によって、この自然治癒力が低下してしまうことがあります。整体では、血液やリンパの流れを改善し、筋肉や組織の緊張をほぐすことによって、自然治癒力を活性化させます。これによって身体が本来持つ回復力を引き出し、健康な状態に導きます。

その他にも、整体は身体の状態を客観的に把握し、問題点を見つけることも重要な目的です。整体師は、身体の動きやバランスを観察し、不調の原因や症状を分析します。これによって、個々の状態に応じた施術やアドバイスを提供することが可能です。また、日常生活において適切な姿勢や体の使い方を指導し、予防や改善に役立つ情報を提供することも整体の目的の一つです。

整体の目的は、身体のバランスを整え、自然治癒力を高めることで、健康な身体を手に入れることです。痛みや不調の改善だけでなく、予防にも力を発揮する施術法として注目されています。整体によるバランスの調整や治療を受けることで、日々の生活を快適に過ごし、健康な体を維持することができます。

整体の手法

整体は、特定の部位に圧をかけたり、筋肉を引き伸ばしたりするなどの手法を用いて体のバランスを調整します。ここでは、整体でよく使われる主な手法についてご紹介します。

まず、筋肉や関節に圧をかける手法があります。これによって筋肉や組織の緊張をほぐし、血液やリンパの流れを改善します。具体的な手法としては、指圧や揉みほぐし、圧迫などがあります。施術者は症状や部位に応じて適切な圧をかけ、痛みを和らげるとともに、筋肉の緊張をほぐしていきます。

さらに、筋肉を引き伸ばす手法も整体で使用されます。筋肉の柔軟性や可動域を向上させることによって、身体のバランスを整えます。具体的な手法としては、ストレッチやマニピュレーションなどがあります。施術者は患部や関連部位の筋肉を適切に引き伸ばし、緊張を解消させます。

また、関節の調整も整体の手法の一つです。関節の可動域や動きが制限されている場合、周囲の筋肉や組織に負担がかかり、不調や痛みが生じることがあります。整体では、関節の可動域を改善するために、独自の手技を用いて調整を行います。この手法によって、関節の動きのスムーズさや正確さを回復させ、身体全体のバランスを整えます。

整体の手法は、症状や個人の状態に合わせて柔軟に応用されます。施術者は経験と技術を駆使しながら、患者の身体の状態を評価し、適切な手法を選択します。また、施術の際には患者の意思や体調に配慮し、安全かつ効果的な施術を行います。

整体の手法は個々の状態に合わせて施術が行われるため、確かな効果が得られるとされています。整体による施術は、筋肉や関節のバランスを整え、自然治癒力を高めることで、健康な身体を取り戻す一助となります。適切な手法を用いて施術を受けることで、患者は痛みや不調の改善を実感することができます。

整体でギックリ腰は治る?

多くの人々が疑問に思うかもしれません。「本当に整体でギックリ腰は治るの?」私たちの調査結果を見てみましょう。

整体によるギックリ腰の影響

整体によるギックリ腰への影響は、筋肉の緊張を和らげ、痛みの軽減や腰の可動域の改善につながる可能性があります。具体的な影響について詳しく見ていきましょう。

まず、整体によって筋肉の緊張をほぐすことで、ギックリ腰の痛みが軽減される場合があります。ギックリ腰では、腰周りの筋肉や靭帯が強く収縮し、痛みを引き起こします。整体によって施術を受けることで、筋肉の緊張が緩和され、血流やリンパの流れが改善することが期待されます。これによって、炎症の軽減や筋肉のリラックスが促され、痛みの緩和が期待できます。

また、整体によって腰の可動域が改善されることもあります。ギックリ腰では、腰部の筋肉や関節が固まり、身体の動きが制限されます。整体では、身体のバランスを整える施術が行われるため、腰の可動域が広がることがあります。これによって、日常生活での動作や姿勢の制限が軽減され、身体の自由な動きが取り戻せるかもしれません。

さらに、整体にはストレスの軽減やリラクゼーション効果もあります。ギックリ腰は痛みや不快感を伴い、日常生活に支障をきたすことがあります。整体の施術を受けることで、緊張が解消され、リラックス効果が得られることがあります。これによって、身体と心のバランスが整い、ストレスや緊張による症状の改善が促されるかもしれません。

整体によるギックリ腰への影響は、個人によって異なる場合があります。施術者の技術や患者の状態によっても結果は変わってきます。しかし、整体による施術は、腰の筋肉や関節の状態を改善し、痛みの緩和や可動域の改善を促す可能性があるとされています。ギックリ腰の症状に悩む方は、専門の整体師に相談し、自身に適した施術を受けることを検討してみてください。

注意点

整体によるギックリ腰へのアプローチは有効な場合がありますが、必ずしも全てのギックリ腰が整体により治るわけではありません。注意点を押さえながら、整体を受ける際には以下のことに留意しましょう。

まず、ギックリ腰の症状や原因は個人によって異なるため、結果も個人差があります。整体師は施術前に患者の状態を評価し、適切な施術計画を立てますが、すべてのギックリ腰に対して同じ施術が有効とは限りません。個々の身体の状態や症状に合わせた施術が必要です。

また、ギックリ腰には病態が進行している場合や他の病気や障害がある場合もあります。整体の施術によって一時的に症状が軽減するかもしれませんが、根本的な治療や状態の管理をする必要がある場合もあります。ギックリ腰の症状が長期間持続する、痛みが強い、他の症状がある場合は、必ず専門医の診断を受けることが重要です。

さらに、整体師の技術や経験も施術の結果に影響を与えます。整体師の資格や信頼性を確認し、実績や口コミを調べることが大切です。また、施術前に整体師と十分な相談やコミュニケーションを行い、自身の症状や希望を伝えましょう。施術が痛みや不快感を伴う場合には、適切なアプローチ方法や強度の調整を求めることも重要です。

最後に、ギックリ腰の施術においては継続性や予防策の重要性も考慮しましょう。一度の施術で症状が改善されたとしても、定期的な施術や自己ケアの実施が必要です。また、日常生活での姿勢や動作の改善、適切な体の使い方の習慣化もギックリ腰の予防に重要です。整体による施術を受ける際には、予防やメンテナンスの観点も念頭に置いておくことが大切です。

整体による施術は、ギックリ腰の症状の緩和や改善に一役買っていますが、注意点を理解し、個々の状態に合わせたアプローチを取ることが重要です。整体は医療行為ではないため、専門医との連携や継続的なケアが求められます。健康な腰を保つためには自己ケアや予防策も重要な要素となるため、総合的なアプローチを心掛けましょう。

整体による予防法

ギックリ腰を再発させないためには、日々の習慣や予防策が重要です。整体はその一つとなります。

身体のメンテナンス

身体のメンテナンスは、定期的に整体を受けることで、筋肉のバランスを保ち、ギックリ腰を予防することができます。具体的なメンテナンス方法について見ていきましょう。

まず、定期的な整体の受けることが重要です。身体のバランスは日常生活の中で崩れやすく、腰に負担がかかることがあります。整体によって筋肉の緊張をほぐし、関節の可動域を改善することで、腰の負担を軽減することができます。定期的な整体の受けることで、筋肉のバランスを保ち、腰にかかる負担を最小限に抑えることができます。

また、日常生活での姿勢や動作にも注意を払うことが重要です。正しい姿勢を保つことや、腰を使う際に適切な体の使い方をすることは、腰への負荷を軽減するために欠かせません。たとえば、重い物を持ち上げる際には腰を曲げずに膝を使ったり、長時間同じ姿勢で過ごす場合には適度な休憩やストレッチを取り入れたりすることが重要です。日常の動作に意識を向け、腰への負担を最小限に抑えるよう努めましょう。

また、適度な運動を取り入れることも身体のメンテナンスには欠かせません。筋力や柔軟性を維持するために、定期的に軽い運動やストレッチを行うことが大切です。特に、腰を中心とした筋肉を鍛えるエクササイズやストレッチングは、腰にかかる負荷を分散させ、腰の安定性を保つのに役立ちます。自宅で行える運動やストレッチングを取り入れることで、腰のメンテナンスを日常的に行いましょう。

身体のメンテナンスは定期的に整体を受けること、正しい姿勢や体の使い方に注意すること、適度な運動やストレッチを取り入れることが重要です。これらのケアを継続的に行うことで、筋肉のバランスを保ち、腰の負担を軽減し、ギックリ腰のリスクを最小限に抑えることができます。健康な腰を保つためには、自己の体の状態に意識を向け、日常的なケアを大切にしていきましょう。

正しい姿勢の習得

正しい姿勢の習得は、腰への負担を減らし、ギックリ腰の予防につながります。正しい姿勢を習得するためには以下のポイントに注意しましょう。

まず、姿勢の基本は背筋を伸ばすことです。背筋を伸ばし、自然なS字のカーブを保つことで、身体のバランスが整います。特に、腰部の反りすぎや丸まりすぎは負担をかけ、腰への痛みや不調を引き起こす可能性があります。日常生活やデスクワークなどで長時間同じ姿勢を取る場合には、背筋を意識し、正しい姿勢を保つことが大切です。

次に、正しい座り方や立ち方も重要です。座る場合には、背中をしっかりと立て、背もたれに腰を密着させることが大切です。また、デスクワークをする際には、姿勢を崩さず、デスクや椅子の高さを適切に調整して作業を行うようにしましょう。立つ場合には、足幅を肩幅程度に開いて安定した姿勢を保ち、腰に負担をかけないように注意しましょう。

さらに、正しい姿勢を習得するためには、体のバランスを意識することも重要です。体重を均等にかけ、左右の身体のバランスを保つようにすることが望ましいです。片側に負担がかかるような歩行や姿勢は、筋肉の偏った発達や歪みを引き起こし、腰の負担を増加させる可能性があります。矯正やバランスの調整を目的とした整体の施術を受けることも、正しい姿勢の習得に役立つ場合があります。

正しい姿勢の習得は、腰の健康を保つために重要です。日常生活での意識的な姿勢の見直しやバランスの調整に加え、整体などの施術を受けることで、姿勢の改善やバランスの整えることができます。腰への負担を減らし、ギックリ腰の予防に取り組むためにも、正しい姿勢の習得は欠かせません。意識して姿勢を保ち、腰の健康を守るよう努めましょう。

自宅でできるギックリ腰の予防法

整体を受けることが難しい時でも、自宅でできる予防法があります。さぁ、具体的に見ていきましょう。

適度な運動

適度な運動は、ギックリ腰を予防するために重要です。適切な運動を行うことで、筋肉を適度に強化し、腰への負荷を軽減することができます。以下に、適度な運動の重要性と具体的な方法について詳しく見ていきましょう。

まず、適度な運動は腰の筋力を強化する効果があります。腰を支える筋肉を強くし、安定した姿勢を保つためには、十分な筋力が必要です。定期的な運動によって、腹筋や背筋、骨盤周りの筋肉などを適度に鍛えることができます。これによって、腰の負担を分散させ、ギックリ腰のリスクを減らすことができます。

適度な運動とは、自分の体力や状態に合わせた運動を行うことを意味します。無理なく継続できる運動を選び、徐々に負荷や時間を増やしていくことが大切です。ウォーキングや水泳、サイクリングなどの有酸素運動は、腰に負荷をかけにくく、全身の筋力をアップさせる効果があります。また、ストレッチやヨガなどの柔軟性を高める運動も、筋肉の緊張をゆるめ、腰の可動域を広げるのに役立ちます。

適度な運動を行う際には、無理なく行うことが重要です。急激な負荷や無理な動作は、逆にケガや痛みの原因となることがあります。適度な運動量を控えめにスタートし、身体の反応や状態に合わせて調整していくことが大切です。また、十分なウォームアップやクールダウンを行い、筋肉や関節を十分に準備し、ケガの予防にも努めましょう。

適度な運動はギックリ腰の予防に不可欠です。適切な運動習慣を身につけることで、腰の筋力を強化し、柔軟性を高めることができます。定期的な有酸素運動やストレッチ、筋力トレーニングを取り入れ、身体を健康な状態に保ちましょう。ただし、痛みや不調がある場合には、専門医の指導を受けながら適切な運動方法を選択することが重要です。自身の体力や状態に合わせた適度な運動を継続することで、ギックリ腰からの自己防衛手段を高めることができます。

ストレッチング

ストレッチングは、筋肉の緊張を緩和し、血行を改善する効果があります。ギックリ腰の予防や改善に効果的なストレッチングについて詳しく見ていきましょう。

まず、ストレッチングは筋肉の柔軟性を向上させる効果があります。筋肉が柔軟性を持つことで、身体の動きがスムーズになり、関節や腰にかかる負荷を分散させることができます。定期的なストレッチングを行うことで、腰周りの筋肉の柔軟性や可動域を広げることができます。

また、ストレッチングは筋肉の緊張をほぐす効果があります。ギックリ腰の原因となる筋肉の緊張は、痛みや不快感を引き起こすことがあります。ストレッチングによって筋肉の緊張をほぐし、血流やリンパの流れを改善することで、筋肉のリラックスや炎症の軽減が期待できます。

ストレッチングには様々な種類がありますが、ギックリ腰に効果的なストレッチを取り入れることが重要です。例えば、腰部を伸ばすストレッチや腰を回すストレッチなど、腰周りの筋肉を重点的に伸ばすストレッチが効果的です。背筋を伸ばし、姿勢を良くするための背伸びストレッチや、骨盤の傾きや歪みを矯正するストレッチも有効です。ただし、ストレッチを行う際には無理をせず、心地よい範囲で行うことが重要です。

ストレッチングは、ギックリ腰の予防や改善に効果的な方法です。定期的にストレッチングを行うことで、腰周りの筋肉を柔軟に保ち、腰の負荷を軽減することができます。ただし、ギックリ腰の症状がある場合や急な痛みが生じた場合には、無理なストレッチを行わず、専門医の指導を受けることが重要です。自己の体の状態に合わせたストレッチを実施し、腰の健康をサポートしましょう。

ギックリ腰の対処法

万が一、ギックリ腰になってしまったときの初期対応について見てみましょう。

安静にする

ギックリ腰の初期対応策の一つとして、安静にすることが重要です。ギックリ腰の症状が現れた場合には、以下のポイントに注意しながら安静に過ごしましょう。

まず、無理な動作や重いものの持ち上げを避けることが大切です。ギックリ腰では腰に強い痛みや制限が生じるため、腰を過度に曲げたり、急に力を入れたりすることは避けるべきです。ギックリ腰の痛みを引き起こす要因となる動作や負荷を避けることで、腰にかかる負担を軽減することができます。

また、安静に過ごす際には、横になった状態や楽な姿勢での休息を心掛けましょう。腰に枕やクッションを置いてサポートすることで、負担を軽減することができます。また、寝る際には、腰に負担のかかる仰向けよりも、横向きや胃向きの姿勢が良いとされています。痛みが強い場合には、痛みを和らげるために氷や温湿布を併用することも考慮しましょう。

安静にする際には、患部の疼痛や不快感に敏感になり、身体の状態を意識することが重要です。無理な姿勢や活動を避け、腰に負担をかけないようにすることで、症状の進行を防ぎます。しかし、安静にしている間でも血液の循環や筋肉の萎縮を防ぐために、定期的な軽い運動やストレッチを行うことも推奨されています。ただし、痛みが強く状態が悪化する場合には、継続的な安静が必要となるため、専門医の指示に従いましょう。

ギックリ腰になってしまった場合は、まずは安静にし、無理な負荷や動作を避けて回復を促しましょう。安静を守りながら、必要に応じて適切な医療機関を受診し、スムーズな回復に向けた対応策を取ることが大切です。

医療機関への早急な相談

痛みが強い場合や、ギックリ腰の症状が長期間改善しない場合には、早急に医療機関に相談しましょう。専門の医師による適切な診断や治療を受けることが重要です。

医療機関では、ギックリ腰の原因や症状を詳しく調べることができます。医師は症状の進行や他の疾患の有無を判断し、必要な検査や画像診断を行います。また、痛みの緩和や炎症の抑制のために、薬物療法や注射療法を行うこともあります。適切な治療を受けることで、早期の症状の改善や再発の予防に役立ちます。

医療機関での診断や治療は、医師の専門知識と経験に基づいて行われるため、自己判断や自己治療だけでは限界があります。専門医の指示やアドバイスを受けながら適切な対応を取ることで、症状の改善に繋がる可能性が高まります。

また、早急な相談は症状の重篤化や合併症の発生を食い止めることにもつながります。ギックリ腰は、そのまま放置すると症状が悪化し、日常生活に支障をきたす可能性があります。早めの診察や治療によって、痛みの軽減や機能の回復を促すことができます。

ギックリ腰の症状が強く、自己の対処方法が限られている場合や、症状が長期間持続して改善しない場合には、医療機関への早急な相談をおすすめします。適切な診断や治療を受けることで、症状の改善や再発の予防に繋がり、早期回復を促すことができます。専門医の知識と経験を頼りにし、自身の健康を守るための適切な対応を取りましょう。

まとめ

これまで見てきたように、整体はギックリ腰の予防や改善に一役買っています。

整体の役割と効果

整体の役割は、筋肉のバランスを調整することで、ギックリ腰の症状を軽減し、予防にも繋がります。具体的には、整体によって筋肉の緊張をほぐし、血流やリンパの流れを改善することが期待されます。これによって炎症の軽減や筋肉のリラックスが促され、ギックリ腰の症状が改善する可能性があります。また、バランスの取れた身体は負担が均等に分散され、再発のリスクを減らす効果も期待できます。整体の施術によって、痛みや不快感の軽減、可動域の改善、自然治癒力の活性化などがもたらされ、ギックリ腰の回復や予防に寄与するとされています。ただし、ギックリ腰の症状や原因は個人によって異なるため、整体の効果も人によって異なることに留意する必要があります。施術の際には、専門の整体師と十分なコミュニケーションを図り、個別の状態に合わせた施術を受けることが重要です。

日頃のケアが大切

ギックリ腰を未然に防ぐためには、整体の施術だけでなく、日頃のケアが重要です。日常の姿勢や運動、ストレッチングなどの習慣が、ギックリ腰のリスクを軽減することにつながります。

日頃の姿勢に注意を払うことが重要です。長時間同じ姿勢で過ごす場合には、背筋を伸ばし、正しい姿勢を保つように心がけましょう。腰を過度に曲げたり、丸めたりするような姿勢は避けるべきです。デスクワークやスマートフォンの使用などで前かがみになる際には、頻繁に休憩を取り、姿勢を正すことが大切です。

適度な運動を行うこともギックリ腰の予防に効果的です。筋肉のバランスを保つためには、定期的に軽い運動やストレッチを行いましょう。腰周りの筋肉を鍛え、柔軟性を高めることで、負荷のかかりにくい身体を作ることができます。日常生活に取り入れられる散歩やジョギング、ヨガなどがおすすめです。

ストレッチングも重要なケア方法です。腰周りの筋肉を積極的に伸ばすことで、筋肉の柔軟性を向上させ、ギックリ腰のリスクを低減することができます。正しいストレッチング方法を学び、継続的に取り入れることが大切です。

日頃のケアはギックリ腰の予防に欠かせません。整体の施術を受けるだけでなく、正しい姿勢や適度な運動、ストレッチングなどを日常的に行うことで、腰の健康をサポートすることができます。自身の体の状態に合わせたケアの習慣を身につけ、ギックリ腰からの自己防衛を高めましょう。

最後に

最後に、皆様の健康維持に向けた努力は無駄にはなりません。

自身の体を知る

ギックリ腰を未然に防ぐためには、自身の体をよく知ることが重要です。日常生活での痛みや不調のサインに敏感に反応し、適切なケアを行うことが大切です。自身の体の特徴や痛みの原因、症状の変化に気を配り、病状の範囲内で自己管理を行うことが健康な体を保つために必要です。定期的な健康チェックや自己観察を行い、身体の健康状態を把握しましょう。自己の体を知り、必要な時には適切な治療を受けることで、ギックリ腰の発症や重症化を予防し、健康な日々を送ることができます。

日々の努力が大切

ギックリ腰を予防し、健康な腰を維持するためには、日々の努力が欠かせません。日常生活での姿勢や運動、ストレッチ、整体の施術などに取り組むことが重要です。一度の努力や治療だけではなく、継続的なケアや予防策が必要です。姿勢を正す意識を持ち、適度な運動やストレッチを習慣化することで、腰への負荷を軽減し、筋肉のバランスを保つことができます。また、整体の施術を受けることや専門医の診断を受けることも大切です。日々の努力がギックリ腰や腰の健康を守り、健やかな日々を迎えるために不可欠な要素です。自身の体をこまめにケアし、予防策を継続して行うことで、ギックリ腰や腰痛に対するリスクを最小限に抑えることができます。

出張整体 ConnecT

ロゴ

忙しくて整体の時間が取れない方に便利な出張施術を高崎市を中心に提供しています。身体全体を見て不調を起こす原因を突き止め、不調が起こらないよう調整します。姿勢の悪化や疲労感でお悩みの方も歓迎します。

出張整体 ConnecT

群馬県高崎市